IndieGoGoで出資したGPD-WIN2が5月8日、早くも届きました。

GPD-WIN2は、クラウドファンディングで示された予定通りに、2018年5月に発送され手元に届きました。クラウドファンディングで予定と全くずれることなく発送されるというのはそれだけでかなり凄いことです。GPDすごい。

さてGPD-WIN2の感想です。

・ハードは安定。ちゃんとスリープし、カバンの中に入れていても勝手に起動しない。
・スペックアップ。新しめの3Dゲームも低品質にすれば実用範囲に手が届く。
・メインストレージはSSDになり非常にきびきびした動作。
・SDカードがスリープしなくなり、アクセスで固まらない。
・ゲームパッドは操作性が良くなった。十字ボタンの反応がマシになった。ただ、内側に移動したボタンと上面の左右ボタンは配置的にダメになった。
・MINI-HDMIからの映像出力が安定し、エミュを外部モニタにつないで遊べるようになった。

とても個人的な感想

あまりわくわくしなかった。Windowsの環境やドライバを修正しなくても、そのまま普通に実用できてしまう。すごく普通のPC。
元々初代機(GPD-WIN1)で、大概のエミュは遊べていたのでスペックアップの恩恵は感じられない。PS2エミュはまだキツイ。

初代機が来た時には、自分のライフスタイルが変わる予感もあって(電車の車内でエミュがゲームパッドで遊べる/最小のWindowsマシンとしていつでも持ち歩ける等)非常に興奮したものですが、今回はそこまでのライフスタイルへの影響はありません。初代機を堪能している人が、無理に買うほどではないでしょう。
勿論、まだ持っていないオールドゲーマーはマストバイだと思います。特に電車の移動時間が長い人とか。

GPD-WIN3への要望としては・・・

・液晶モニタの大型化。8インチほしい。
・液晶モニタが90度回転できるようにしてほしい。縦シューの画面が小さいので。
・上ボタンは無理に片側3ボタンは要らない。その代りABXYボタンを6ボタンに。
・極力薄く。

あたりでしょうか。うーん、ハードとしてはGPD-WIN2にそんなに文句はないですね。
むしろ各種エミュのUIについて改善を求めたい!そのためにも、ゲームパッド付PCの市場がもっと広がるといいですね。


コメント欄を読み込み中